NASサーバー復旧技術者が復旧アドバイザーに着任

リンクステーション、NASサーバーのデータ復旧アドバイザーとして、英データ復旧会社代表バトラー氏が着任。

TeraStation・LinkStationなどのNASサーバーの復旧を強化する為に、イングランドよりNASサーバー復旧のトップ技術者が来日

バトラー氏と技術員チーム
昼夜問わず議論と実践を繰り返したバトラー氏と技術員チーム。得たものは大きい。

近年、USBケーブル等を使ってパソコンと接続する従来の外付ハードディスクに変わり、 ネットワーク(有線LAN・無線LAN)に直接接続し使用が可能な“NASサーバー”の使用率が急増しています。

使用率増加に伴い、当社でも復旧の依頼が急増しました。

それを受け、NASサーバー復旧の技術力を高め復旧率を上げるために、イングランドでデータ復旧会社を運営し自らもトップ技術者である「アンドリュー・バトラー氏」を当社に招き技術交換を行いました。

NASサーバーは、Windows・Macとは違い、Linuxの「深い」専門知識が必要。バトラー氏の長年積み重ねられた技術と知識を伝授頂く。

NASサーバーは従来の外付けハードディスクとは異なり、内部にデータの読み書きを制御するためのCPU・OS等を搭載したハードディスクです。

これにより、LANを通して複数の機器から、データをPCで共有することが可能となりました。

しかし便利な反面、構造が複雑化しているため、復旧する際にはNASサーバー独自の専門知識が必要となります。

【アンドリュー・バトラー】

・NASサーバーにおいて世界的なエンジニアとして活躍。

・現在、ネットワーク上の不正ファイル等の削除や欠陥ファイルの復旧など分野を拡大している。

>培った技術を生かしてスピード復旧。お問い合わせからデータが手元に戻るまで

NASサーバーのトップ技術者から、プロフェッショナルの仕事術を学ぶ。

はじめまして。バトラー氏と技術員

バトラー氏とサーバー復旧専門チームとの初対面。新しい可能性を感じ、両者固い握手を交わす。

技術的な解説を教えるバトラー氏

お客様担当チームにも知識を共有するバトラー氏。お客様担当者が知識を深めるとこで、より分かりやすくお客様に状況を説明できるようになりました。

厳しい目つきで手術に挑む

サンプル機器を使用しての直接指導。緊迫した空気の中、バトラー氏から復旧技術員に細かな指導が入る

自分の機械のようにお客様の機器を大事に扱う。

一つ一つのサーバーを細かくチェックしていくバトラー氏。「NASサーバーは、見た目は他の外付ハードディスクと同じだが構造は全く違う。 NASサーバー自体を理解している人が復旧を行わないと、かえって悪化してしまう場合がある。」とNASサーバー復旧に関する危険性を語った。

ハードディスクの動きをタイムで図る。

バトラー氏による診断が開始。バトラー氏はまず始めに、ハードディスクの読込時間を計るため専用の機器で動作を確認します。 動作を確認してから復旧手順を決める事で、ハードディスクにかかる負担を少なくします。

人間の心音と同じように音を聞く。

次に、バトラー氏は聴診器をハードディスクにあて、ハードディスクが動く音を聞き分けます。ハードディスクに傷が生じていた場合、微かな異音がします。 この音の違いを判別するだけでも高い技術と多くの経験が必要となります。

研修内容報告会で、情報交換を行う。

バトラー氏の研修後、今度はサーバー復旧専門チームからバトラー氏へOSに関する知識を発表しました。 今回発表を行ったのは、OSの中でも特に構造が複雑なLinuxです。技術員の説明にバトラー氏も熱心に耳を傾けていました。

考えがまとまるまで、考えを煮詰める。

一人特別室にこもり、ひとつの基盤をずっと診断するバトラー氏。 長い診断の結果、基盤に欠損を発見、さっそく当社にあるハードディスクドナーから合致するドナーを探し復旧作業に取り掛かります。 高い技術や知識だけでなく、こうした姿勢が小さな障害を見つけ出し復旧に繋がっていくのです。

「忘れないで。諦めない強さを。」

今回の技術交換では互いに多くの事を学び成長することができました。今後も定期的に技術交換を行っていくことを誓い、固い握手を交わしました。
「NASサーバーを復旧する為に、大切なことは“諦めない強さを持つ”ということです。 NSAサーバーを復旧する為には、Linux等の複雑なOSに対応できるだけの知識と経験が必要です。 復旧を続けて行く中で、技術員にとても困難な状況が訪れるかもしれません。 そんな時でも、解決できる望みを忘れずに復旧できる方法を探し続けて下さい。 そうすれば必ず“復旧できる方法”が見えて来るはずです。」

>「ホームページを見て・・・」でサーバーのデータ復旧も6つの無料

ページのトップへ

6つの無料 お電話から納品までの流れ 復旧にかかる料金ついて Q&A お客様からの声
ネットでお問い合わせ
GIGAZINEから取材を受けました!
我々の技術について
世界中の最先端技術を集結
当社技術員を大解剖
パキスタンのRAIDマスターから技術を修得
NASサーバー復旧技術者が復旧アドバイザーに着任
データフォレンジックの権威 フェンレー博士来日
フェンレー博士の博士号証明書
基板復旧のスペシャリスト リー先生中国より来日
海外より最新の技術を導入
5月・6月も多忙を極める 海外技術導入部
アメリカでデータ復旧技術トップクラス企業との技術提携
新世代の解析ソフトウェア開発プロジェクト
TVでも取り上げられた技術力
汐留コンラッドミーティング
メーカーでも無理と言われたデータも復旧できます
データが復旧されるまで物語
データ復旧率が高いワケ
物理復旧について
分解復旧について
HDDデータレスキュー・ハードディスクデータ救出|デジタルデータリカバリー
東芝情報機器 元開発者による勉強会

おかげさまで復旧件数日本一。06─13年度 8年連続復旧件数NO.1 国際セキュリティ規格ISO27001 第三者機関より認定済み

ハードディスク復旧など、
技術の進化を創造する
デジタルデータリカバリー!

年中無休・土日も休まず営業しています。【営業時間】 9:00AM〜10:00PM 【フリーダイヤル】法人:0120-994-213、個人:0120-994-211/TEL:03-6251-9700 FAX:03-6251-9030 個人情報のお取扱について 個人情報保護方針について

個人情報保護士
個人情報保護士認定ロゴ
このサイトは個人情報保護士により、
管理運営を行っています。


ページのトップへ

【フリーダイヤルで】法人:0120-994-213、個人:0120-994-211

【インターネットで】お問合せフォームからどうぞ

【営業時間】年中無休 8:00AM〜21:00PM 土日も営業!当日持ち込みもOK! 場所は、東京メトロ 築地駅 徒歩1分です。

当社へのアクセス方法はこちらをご覧下さい。

今すぐ専用ダイヤル、またはお問い合わせフォームで!「携帯からもOKです」ハードディスクが直るか直らないか、金額や期間などをおこたえします!

財団法人 日本記録メディア工業会 会員企業 IDEMA国際ドライブ協会 会員企業 日本ヒューレット・パッカード 正規代理店