プライバシー保護についても万全の体制

大事なデータだからこそ、業者にお願いするワケで… それならデータ復旧は、プライバシーマーク取得業者へ!

財団法人日本処理開発協会(JIPDEC)による第三者認定が必要な「プライバシーマーク」を取得済

プライバシーマーク(Pマーク)とは?

プライバシーマーク許諾書
▲クリックで拡大画像が見られます

プライバシーマークの認定と認定証について

プライバシーマークとは、個人情報の取扱を適切に行っているかどうか、審査員が直接審査し、財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)が「プライバシーマーク」を付与するという、【第三者認定】が必要な証明です。

つまりプライバシーマークが取得できたという事は、第三者の目からみても、個人情報を適切に処理していると認められた事になるのです。

Pマーク情報セキュリティに対して、定期的ミーティングを実施

当社では、お客様のデータやお客様情報をお預かりするにあたり、都内エグゼクティブホテルにて、定期的に改善ミーティングを行っております。

お客様からのご要望や、問題点などを、お客様対応チーム・技術部・経営企画部を含めて全社的に方向性とルールを定めます。

プライバシーマーク(Pマーク)を取得し第三者機関からの認証を得るために、審査員のチェックを全てクリアしました。

Pマークチェック項目1-終業後のデスク上の整理方法についてのチェック

お客様の情報を扱う社内での業務終了後は、机の上に一切物が無い状態にしております。お客様からのお問い合わせの内容や、打ち合わせ資料なども、必ず指定の収納に納め、各社員が業務を終了することで、その仕事に全く関係のないものが情報を見たり触れたりする事ができない状態にしてあります。

Pマークチェック項目2-離席時にパソコンのディスプレイを消し、情報閲覧を制限のチェック

お客様の情報を扱う社内にあるパソコンの使用者は、離席する時必ずディスプレイを消します。誰もがお客様情報を閲覧できない状態にするため、また情報を放置する事がないように、徹底して行っております。

Pマークチェック項目3-お客様からの伝言伝達メモの扱いについてのチェック

お客様からご連絡頂いた履歴を残したメモは、必ず机の上で裏返しにおきます。メモの前を通る人間が、そのメモの内容を見る事がないようにしていきます。

Pマークチェック項目4-ご来社予約ボードは、“お客様受付番号”で管理しているか?をチェック

お問い合わせを頂き、機器本体をお持ち込み頂くお客様のご予約を受け、スケジュールを入れる場合、お客様の個人名でご予約を入れるのではなく、お客様の情報が社内で放置されぬよう、【社内管理番号】にてご予約をお入れします。

 

>セキュリティ対策とあわせて、対応の早さにお客様から評価を頂きました

Pマークチェック項目5-個人情報書類の扱いについてのチェック

お客様へのお見積書などを印刷するプリンターは、作成した書類をすぐに回収するように決められています。プリンターを利用する別の社員が、情報を閲覧できぬようルールが定めらています。

Pマークチェック項目6-私物持込の禁止。ロッカー使用の履歴記録方法についてのチェック

社内では、私物で使う記憶媒体の持ち込みは禁止となっております。これは、お客様のデータを小型記憶媒体に記録させ持ち込みすることができないような社内体制をとることで、お客様のデータに対するセキュリティレベルを高めています。

Pマークチェック項目7-誰が社内に入ったのか?入退出記録方法についてのチェック

社内に社員以外の人が入る場合は、必ず記録を残しております。会社名・名前・理由・入時間・出時間全て記載した上で、社内に入れるのです。 こうすることで、社内にいる全ての人員の出入りを管理しています。

Pマークチェック項目8-自由に出入りできる場所でのネットワーク接続制限についてのチェック

お客様が自由にご来社される”お客様対応エリア”では、インターネット接続ができないよう、LANケーブルなどの一切ない、ネットワークが繋がらない状態になっています。

Pマークチェック項目9-全パソコン、情報記憶媒体の接続をふさぎ、データの社外持ち出しを徹底阻止。


フリーメールを見ようとしても、ページにアクセス出来ないように設定しています。


情報記憶媒体を接続する部分は、全てふさいで使えないようにしてあります。


インターネット上での、情報流出を避ける為、パソコンからの通信自体を遮断。

当社で使用している全てのパソコンは、データの社外持ち出しを防ぐ為に、CD・DVDドライブ、カードリーダー、USBポートがふさがれ使用できない状態です。さらに、Winnyに代表されるファイル交換ソフト(通称P2P)や、個人が使用しているフリーメール、インスタントメッセンジャーなどは、通信そのものをブロックし、使用出来ないようにしています。

小型記憶媒体の持込防止を目的とし、 第三者と機械による厳重なセキュリティチェックを行っておりますが、徹底的に情報漏洩の可能性を無くすため、当社ではセキュリティに関して一切妥協はいたしません。

Pマークチェック項目10-社内の全スタッフが毎日受けている『機械』と『第三者』による4つのセキュリティチェック


本人しか持ち得ない『指紋』で、本人識別を行い、社内に出入りする仕組みです。


私物は、入り口近くのロッカーに全てしまいます。


金属探知機ゲートをくぐり、小型記憶媒体の持込みをチェックします。


外部に持ち出す書類は、上司の許可と警備員の細かいチェックが必要です。


トレーニングを受けた常駐警備員による目視チェックも行います。


最近の記憶媒体は、ここまで小型化が進んでいます。

当社では、情報漏洩を完璧に防ぐ為に 『社外からは、一切記憶媒体を持ち込まない。社内からは、一切お客様情報が記載されているものを持ち出さない。』 という環境を整えることが重要であると考え、徹底して対策を行って参りました。

今回、さらにお客様に安心して機器をお預けいただくため、ビルのセキュリティ設備だけで満足してはいけないと、自社オフィス内のセキュリティ対策を見直し、新たにオフィス内で『第三者による厳密なセキュリティチェック』を行うことを決定いたしました。 全スタッフが、社内に入るまでに4つのチェックを受けなくてはなりません。

  1. 入り口での指紋認証チェック。
  2. ロッカーへ私物を全て入れ、手には何も持たない状態。
  3. どんな小さな記憶媒体も見逃さないため、金属探知機のゲートをくぐる。
  4. 外部より派遣された、常駐警備員による目視チェック。

例え1枚の紙であっても、上司の許可が必要であり、社内持ち込み・持ち出し許可証を取得しなければなりません。

社外からは、一切何も持ち込まない。
社内からは、一切何も持ち出さない。

この2点を、当社では徹底しております。

>セキュリティ対策だけじゃない。最短即日スピード復旧 お問い合わせから納品まで

国際標準規格ISO27001と
財団法人日本情報処理協会による、第三者認定が必要なプライバシーマーク。
大事なデータだから、世界標準レベルで管理・運営しているデジタルデータリカバリーに頼もう。

ページのトップへ

Pマーク及びISO27001を継続し守る。コンサルタントが従事

当社では、ISO27001及びPマークの取得にあたり専任コンサルタントをつけ、内部の仕組み改善を常に行っております。

一度取得して終わりではなく、継続的に続けていくことで、ルールを形として覚えるのではなく、情報や機器をお預かりするための大原則を常に見直すよう、外部からのアドバイスを頂くようにしております。

24時間365日、安心と信頼を提供する情報セキュリティ対策企業 セキュアリスクマネジメントにサポートを依頼しています。 (ISO/IEC 27001:2005 取得企業)

Pマークを取得してさらに安心。上場企業様・各業界トップ企業様からご依頼数多数

──など、上場企業様・国内業界トップの企業様、公的機関様より数多くのご依頼を頂いております。
実際にご依頼を頂いたお客様から、感想を頂きました。

コチラをクリック  >「復旧完了後、私はこうなりました。」

Pマークを取得した組織力と徹底力でお客様の情報と機器を守る

大切なデータだからこそ、安心して預けられるところに頼みたい。
私たちは、小さな規模でデータ復旧を行っているような会社としてではなく、業界トップクラスのデータ復旧企業として、組織的にお客様のデータ復旧を最後まで請け負います。
そのために、個人個人の意識はもちろんの事、企業として取り組むべき課題や問題などにも率先して取り組み、組織的に会社全体を整備しております。

国際標準規格ISO27001と財団法人日本情報処理協会による、第三者認定が必要なプライバシーマーク。大事なデータだから、世界標準レベルで管理・運営しているデジタルデータリカバリーに頼もう。

ページのトップへ

6つの無料 お電話から納品までの流れ 復旧にかかる料金ついて Q&A お客様からの声
ネットでお問い合わせ
GIGAZINEから取材を受けました!
セキュリティについて
機密保持・取引実績について
公的機関様等の取引実績
情報を国際基準レベルで管理
プライバシー保護についても万全の体制
4つのセキュリティチェック
個人情報保護方針について

おかげさまで復旧件数日本一。06─13年度 8年連続復旧件数NO.1 国際セキュリティ規格ISO27001 第三者機関より認定済み

ハードディスク復旧など、
技術の進化を創造する
デジタルデータリカバリー!

年中無休・土日も休まず営業しています。【営業時間】 9:00AM〜10:00PM 【フリーダイヤル】法人:0120-994-213、個人:0120-994-211/TEL:03-6251-9700 FAX:03-6251-9030 個人情報のお取扱について 個人情報保護方針について

個人情報保護士
個人情報保護士認定ロゴ
このサイトは個人情報保護士により、
管理運営を行っています。


ページのトップへ

【フリーダイヤルで】法人:0120-994-213、個人:0120-994-211

【インターネットで】お問合せフォームからどうぞ

【営業時間】年中無休 8:00AM〜21:00PM 土日も営業!当日持ち込みもOK! 場所は、東京メトロ 築地駅 徒歩1分です。

当社へのアクセス方法はこちらをご覧下さい。

今すぐ専用ダイヤル、またはお問い合わせフォームで!「携帯からもOKです」ハードディスクが直るか直らないか、金額や期間などをおこたえします!

財団法人 日本記録メディア工業会 会員企業 IDEMA国際ドライブ協会 会員企業 日本ヒューレット・パッカード 正規代理店