パキスタンのRAIDマスターから技術を修得

世界19カ国を回り探し当てたパキスタンのRAIDマスター「世界的なRAID技術を持つRAIDマスター就任」

パキスタンで、唯一のRAIDマスターが日本テクノロジーのRAIDマスターとして就任

RAIDマスター、当社RAID専門チームのRAIDスペシャリストとして就任。


オーストラリア大学


パキスタン カラチ

今回、当社では、日々ご依頼が急増しているRAID機器の復旧率向上のために、
世界で数々のRAID復旧実績を上げ、その高い知識・技術から「RAIDマスター」と呼ばれているナディール・ハスナイン・シャー氏をオーストラリア大学より当社のRAID専門チームのスペシャリストとして迎えいれました。

そのナディールシャー氏から、RAID復旧の技術を習得し、直接当社の技術員とともに課題に取り組み、復旧作業を行っていくため、RAIDマスターとして就任することとなりました。

NADIR HASNAIN DHAH
(ナディール・ハスナイン・シャー)

1997年にオーストラリア大学のパキスタン・カラチ支部にて、コンピューターサイエンス学士を取得しました。
ナディール氏は世界各国でRAID復旧やハードディスクの講義を行っています。
また、RAID復旧の高い知識と技術から、世界で「RAIDマスター」と呼ばれる、パキスタンを代表するデータ復旧技術者です。

RAID専用フリーダイヤル:0120-921-055/サーバー担当をお呼出下さい。概算の期間と費用をお知らせします。

パキスタン最高峰のRAID職人の技術を導入。RAID 0、1、2、3、4、5、0+1など、どんなRAID機器も直します。

一言でRAIDと言っても、レベル・メーカーなど様々な種類があり、障害が発生した場合の復旧方法もそれぞれ異なります。

  1. レベルとは?
    RAIDレベルは主に0、1、5、6、0+1、1+0、等があり、レベルごとに機能・性能が異なりそれぞれにメリット・デメリットが存在します。
  2. 主要レベルごとの特徴と危険性
    • RAID0はアクセス速度の向上化を目的とした設計の為、データの冗長性は全く備わっていません。復旧する場合は障害が発生している全てのハードディスクを復旧する必要があります。
    • RAID1は同じ情報を複数台のハードディスクに書き込んでいるため、障害が発生した場合でも、通常ならば残りの正常なハードディスク1台からデータ抽出することができます。しかし、同じ型番・生産時期のハードディスクで組む場合が多く、同時期にハードディスクが破損する危険性があります。
    • RAD5はパリティと呼ばれる復元情報が生成されるため、1台ハードディスクが破損しただけではデータは失われません。しかし、ハードディスクが2台以上破損し復旧を行わなければならなくなった場合、数十億近いデータからパリティ情報を見分ける技術力や、壊れ方のパターンやセオリーを理解している必要があります。
    • RAID6は更にパリティを2重に生成することによって、2台までハードディスクが破損してもデータは失われないというものです。破損した場合RAID6独自のリード・ソロモン符号のパリティを解読する分析力が必要となるため、RAID5の復旧より難易度は高くなります。
    • RAIDを組み合わせた(RAID0+1、RAID1+0等)場合、お互いの短所を補いアクセス速度・冗長性を向上させます。障害が発生した場合は、どの様にRAIDが組み合わさっているのかを理解した上で復旧を行わなければなりません。
  3. 主要メーカー
    主要メーカーとして上げられるのが、バッファローの「TeraStation」「LinkStation」、I-O DATAの「LANDISK」、DELLの「PowerEdge」、HPの「ProLiant」、IBMの「xSeries」です。
    メーカー・シリーズごとに復旧方法が異なるため、各メーカーについて専門の知識や経験が必要となります。
  4. RAID復旧できる業者は限られている
    RAID復旧は、これら全て理解した上で作業を行わなければならないため、高い専門知識と多くの経験が必要となります。日本でも全てのRAIDに対応できる技術者・業者はほとんどいないといわれています。

    今回、RAIDマスターによって更なる専門知識を習得したことにより、どのRAIDレベル・メーカーが来てもデータ復旧をおこなう事ができるようになりました。

RAID復旧を行うには、ハードディスクの基礎知識だけではなくRAIDに関する専門の知識が必要となります。今回、RAID復旧を行うにあたって、より効率的な方法を導き出すために日々打ち合わせが行われています。

多くの経験を積んできたRAIDマスターの技術や知識は、実際の復旧作業に反映されていきます。
技術員もRAIDマスターの話を一言一句聞き逃さないよう話に聞き入ります。

こうすることで、同じ失敗を繰り返さないよう、そして同じ症状のものは実際に直した実例を記録したデータベースから、最も成功率の高い方法を使い、常に復旧作業を行えるようにしています。

RAIDの復旧作業は、「RAID機器を作るよりも難しい」と言われるほど、日本でも対応できる技術者は少なく、私たちはその中でも数少ないRAID復旧マスターのいる会社として、より多くのお客様のRAID機器を直して参りたいと思います。

毎朝行われるミーティングでは、「本日の課題」「復旧への対策」などを話し合い、何をするのかを明確にします。
多くの復旧実績と高い技術を持つRAIDマスターからの指導のもと予定を組むことで、作業効率が上がり、より短時間で復旧作業を行えるようになりました。

RAIDのハードディスクから、カチカチ音がしている場合は、音がしているハードディスクを取り出して、複数台のハードディスクを修理してからデータ復旧を行います。お客様の機器を直す時のRAIDマスターの目も真剣です。

世界中で復旧を行ってきたRAIDマスターの経験と実績をRAID専門チームに共有していくことで、今後同じ症例が発生した場合でも対応できるようにしていきます。

作業中にわからないことや、疑問が生じればすぐRAIDマスターに確認を取り、解決していきます。こうした日々の小さな積み重ねが、復旧率向上へとつながっていくのです。

>培った技術を生かしてスピード復旧。お問い合わせからデータが手元に戻るまで

母国パキスタンでも信頼の厚い、データを復旧したお客様からRAIDマスターへの手紙。

ファルハン・ハシュミ様が依頼されたRAID機器の詳細、DELL PowerEge1955 デュアルブレードプロセッサ

RAIDマスターに届いたお客様からの手紙の和訳

ファルハン・ハシュミの手紙




ハードディスク事業部責任者 専務取締役からのコメント

より多く、1つでもたくさんのRAID機器を直すべく、新しい技術を求め全部で19カ国を回り、私たちが求める世界最高峰のRAID知識を持っている人材を…と検討した結果、RAID復旧に必要な「より多くの実績」「症例に対する対応能力」「物理的なハードディスク故障、データ破損の両面からの復旧が可能な技術力」を持った人材として、ナディルシャー氏を迎えることになりました。
日本で数少ないRAIDマスターを迎えたデータ復旧会社として、より多くのお客様の出たを復旧できるように邁進して参りますので、ご期待ください。

ページのトップへ

問合せフォームはコチラから
ホームページを見て、お電話・メールでのお問い合わせは診断無料

6つの無料 お電話から納品までの流れ 復旧にかかる料金ついて お客様からの声
ネットでお問い合わせ
GIGAZINEから取材を受けました!

RAID機器データ復旧へ戻る

RAID機器復旧 始めての方へ
診断までの時間
サーバー最速復旧
突然のトラブル
RAIDも初期診断無料
RAID復旧 お客様からの声
対応可能OS・RAID機種
即日復旧も可能
RAID復旧事例
RAID(RAID5)とは?
RAIDが壊れたときやってはいけないこと
RAID復旧チームについて
RAID・サーバー関連の専門のお問い合わせ
大容量データも即日納品
RAID データが見られない理由

QRコードでデジタルデータリカバリーモバイル公式サイトにアクセス!

おかげさまでハードディスク復旧件数日本一。06─13年度 8年連続復旧件数NO.1 国際セキュリティ規格ISO27001 第三者機関より認定済み

ハードディスク復旧など、
技術の進化を創造する
デジタルデータリカバリー!

年中無休・土日も休まず営業しています。【営業時間】 9:00AM〜10:00PM

【フリーダイヤル】法人:0120-994-213、個人:0120-994-211/TEL:03-6251-9700 FAX:03-6251-9030

個人情報のお取扱について

個人情報保護方針について

個人情報保護士
個人情報保護士認定ロゴ
このサイトは個人情報保護士により、
管理運営を行っています。


ページのトップへ

【フリーダイヤルで】法人:0120-994-213、個人:0120-994-211

【インターネットで】お問合せフォームからどうぞ

【営業時間】年中無休 8:00AM〜21:00PM 土日も営業!当日持ち込みもOK! 場所は、東京メトロ 築地駅 徒歩1分です。

当社へのアクセス方法はこちらをご覧下さい。

今すぐ専用ダイヤル、またはお問い合わせフォームで!「携帯からもOKです」ハードディスクが直るか直らないか、金額や期間などをおこたえします!

財団法人 日本記録メディア工業会 会員企業 IDEMA国際ドライブ協会 会員企業 日本ヒューレット・パッカード 正規代理店