チーム・マイナス6% 地球温暖化防止への取り組み

デジタルデータリカバリーは、チーム・マイナス6%に参加しています。地球温暖化防止への取り組み

昨今、深刻な問題となっている地球温暖化。この地球全体に関わる、重要な問題の解決のために作成した『京都議定書』が、今から約11年前の1997年2月16日に採択されました。世界に約束した日本の目標は、温室効果ガス排出量6%の削減。これを実現するための国民的プロジェクト、それがチーム・マイナス6%です。デジタルデータリカバリーは、「チーム・マイナス6%」に参加し、地球温暖化防止に積極的に取り組みます。

地球温暖化が進んだ世界を、あなたは想像できますか?

1906年から2005年までの100年間で、地球の平均気温は0.74℃上昇したとされています。
さらに、最近50年間は、過去100年の約2倍のスピードで気温が上昇していると言われており、このまま地球温暖化が進むと、最悪の場合2100年には、6.4℃ 気温が上昇し、59cm海面が上昇すると予測されています。
これらの最大の原因と言われているのが、私たちが排出した温室効果ガス(CO2)であり、日本はこのガスを世界で4番目に多く(年間13億5,520万トン)排出しているのです。

このまま、地球の温暖化が進むと、具体的には次のような事が起こります。
(1)海水の熱膨張や氷河が融けて、海面が最大88センチ上昇。
(2)現在絶滅の危機にさらされている生物は、ますます追い詰められ、さらに絶滅に近づく。
(3)マラリアなど熱帯性の感染症の発生範囲が広がる。
(4)降雨パターンが大きく変わり、内陸部では乾燥化が進み、熱帯地域では台風、ハリケーン、サイクロンといった熱帯性の低気圧が猛威を振るい、洪水や高潮などの被害が多くなる。
(5)気候の変化に加えて、病害虫の増加で穀物生産が大幅に減少し、世界的に深刻な食糧難を招く恐れがある。

球温暖化による気温や水温の上昇、降水量の変化などによって、自然の生態系も深刻な影響を受ける事が予測されます。
しかし目に見える変化は、気候が変化した後、数年、数十年、数百年と遅れて起こるため、今目に見える大きな変化がないからといって、「地球温暖化の影響は大したことがない。」「自分たちには関係ない。」と思っていると、気がついた時には取り返しのつかない事態になってしまっている・・・ということになりかねないのです。

まずはお電話で、「直る直らない」「概算期間・費用」をお知らせします。法人様専用ダイヤル:0120-923-117 個人様専用ダイヤル:0120-706-332 メールでのお問い合わせはコチラ(24時間受付中)


デジタルデータリカバリーが行う、Co2削減のための4つのミッション

【Mission1】スタッフ全員が、マイ箸・マイスプーンを持参

日本では、年間約250億膳の割り箸が使われており、一人当たりでは約200膳の割り箸を捨てていることになります(林野庁資料より)。
1年間で北海道と九州を併せた位の面積に相当するほどの広さの森林が消えているこの事実を、デジタルデータリカバリーでは重く受け止め、スタッフ全員がマイ箸やマイスプーンを持参しています。


全スタッフが、マイ箸・マイスプーンを使用して、食事を取ります。

【Mission2】冷暖房の効果アップの為、全ての窓にブラインド

デジタルデータリカバリーでは、熱による影響を受けやすいハードディスクをお預かりしている為、復旧エリアの室内温度を上げることは出来ませんが、お客様対応エリアではエアコンを28℃に調整し、さらに冷暖房の効果をアップさせるため、全ての窓にブラインドを設置しています。
冷暖房の温度を1℃上げ下げするだけで、本当に効果があるのだろうか。と疑問に思われる方も少なくないと思いますが、年間を通してこの取り組みを行うと、約31sのCO2削減になるのです。


冷暖房効果アップのため、全部の窓にブラインドを使用しています。

【Mission3】過剰包装をしない

私たちが、お客様からお預かりしたハードディスクを納品する際には、過剰な包装は致しません。
ただし、ハードディスクは精密機器でもあるため、衝撃によって損傷を受けないことを第一に考え、パッキンや緩衝材を使用してお戻しいたします。
私たちの仕事は、データを復旧し、無事にお客様にお返しすることであり、綺麗にラッピングをする事が重要だとは考えないのです。


写真のようにパッキンでしっかりと梱包した後、クッションとなる緩衝材を隙間なく詰めていきます。

【Mission4】ダンボールの再利用

デジタルデータリカバリーには毎日数十台のハードディスクが、ダンボールに梱包されて送られてきます。
私たちはそのダンボールの全てを解体して保管。お客様にハードディスクを納品する際には、そのダンボールを再利用させて頂いております。
新しいダンボールを購入して、それでお返しする事は簡単ですが、私たちはダンボール1つ作成するための資源の事を考えて、あえてそれを行わないのです。
※お客様の個人情報が記載されている伝票などは、セキュリティ管理の下、全て破棄しております。


お客様から送られてきたダンボールを大切に保管し、再利用しております。

デジタルデータリカバリーでは上の代表的な4つの取り組みの他にも、ごみの分別をきっちりと細かく行う、付けっぱなし防止のために、パソコンのディスプレイは逐一消すなどの、細かいアクションも全スタッフが意識高く実施しています。

まずはお電話で、「直る直らない」「概算期間・費用」をお知らせします。法人様専用ダイヤル:0120-923-117 個人様専用ダイヤル:0120-706-332 メールでのお問い合わせはコチラ(24時間受付中)


チーム・マイナス6%の活動は広がっています。Co2削減プロジェクト参加企業・個人

私たちが賛同しているCo2削減プロジェクト「チーム・マイナス6%」には、官公庁 ・地方自治体・NPO・NGOだけではなく、多くの有名企業や著名人など様々な方も参加表明をしています。
2008年8月現在、個人の参加者が2,348,185名。団体の参加が23,874団体。
私たちと共に、温暖化を防ぎ、地球の未来を守っていくという活動を行っている方々の一部を紹介いたします。

参加団体

日本マクドナルド株式会社/ソニー株式会社/小田急電鉄株式会社/株式会社ダスキン城北/株式会社小田急ビルサービス/住友林業グループ/NECディスプレイソリューションズ株式会社/NPO法人環境グリーンエイト/NPO地球環境融合センター/日本生活協同組合連合会/練馬区/三菱自動車工業株式会社/株式会社ローソン/NPO法人地球温暖化防止対策調査会/東京電力株式会社/NECパーソナルプロダクツ/トステム株式会社/株式会社日立製作所/三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社/芙蓉総合リース株式会社/昭和シェル石油株式会社/首都高速道路株式会社など・・・

参加個人

元内閣総理大臣 小泉 純一郎/淑徳大学教授 北野大/PRIDE統括本部長 高田延彦/格闘家 桜庭和志/俳優 石田純一/女優・浅香流家元 浅香 光代/女優 由美 かおる/書道家 武田 双雲/タレント 渡辺 満里奈/超魔術師 Mr.マリック/漫画家 桜沢 エリカ/イラストレーター・JF全漁連魚食普及委員 さかなクン/ラジオパーソナリティ 掛布 雅之/歌手・アーティスト 杏子/歌手・アーティスト 山崎 まさよし/歌手・アーティスト スガ シカオ/画家 クリスチャン・リース・ラッセン/プロスイマー 北島 康介/ファッションデザイナー コシノヒロコ/「宣伝会議」編集長 田中里沙/参議院議員 南野知惠子/衆議院議員 村田吉隆など・・・

ひとつひとつの「小さな」取り組みが、「大きな」成果を生む。デジタルデータリカバリーは、データ復旧を通じて環境問題を考えます。


お客様対応エリアは、冷房を28℃に設定。


使用していない奥の会議室の電気がちゃんと消えています。


セキュリティ対策と、エコ対策として、離席時には必ずディスプレイを消します。


ゴミ箱の色を分けたり、ラベルを貼るなど工夫して、ごみの分別を徹底しています。

私たちは、データ復旧というサービスをお客様に提供するにあたって、セキュリティや復旧率や復旧スピードなど、お客様のデータに関わるようなところには、最大限に投資をするが、再利用できる梱包材などは出来るだけ地球環境に優しいものを使用するという意識を強く持っています。

毎日のちょっとした気遣いが、積み重なれば大きな削減になるというのが、デジタルデータリカバリーで働くスタッフの共通の意識であり、実際にそれを「習慣」としています。
ごみの分別を細かく行ったり、使っていない会議室の電気はすぐ消すなどといった行動は、ごく「当たり前」の行動なのです。

デジタルデータリカバリーはこれからも、ひとりひとりのスタッフが「地球の未来を守る」という意識高く持ちつつ、お客様の大事なデータをよみがえらせるために、日々努力してまいります。

 

 

ページのトップへ

問合せフォームはコチラから
ホームページを見て、お電話・メールでのお問い合わせは診断無料
6つの無料 お電話から納品までの流れ 復旧にかかる料金ついて Q&A お客様からの声
ネットでお問い合わせ
当社について
実際の作業現場を見学できます
弊社までの地図
会社概要
加入団体・協会
チーム・マイナス6% 地球温暖化防止への取り組み
掲載メディア情報
法人のお客様との取引実績
障害別 お客様からの声
私達と他社との違い
法人様専用営業部
お客様からの声
国際基督教大学様 緊急レポート

おかげさまで復旧件数日本一。06─12年度 7年連続復旧件数NO.1 国際セキュリティ規格ISO27001 第三者機関より認定済み

年中無休・土日も休まず営業しています。【営業時間】 9:00AM〜10:00PM【フリーダイヤル】法人:0120-923-117、個人:0120-706-332/TEL:03-6251-9700 FAX:03-6251-9030個人情報のお取扱について個人情報保護方針について

個人情報保護士
個人情報保護士認定ロゴ
このサイトは個人情報保護士により、
管理運営を行っています。

私はチーム・マイナス6%です

デジタルデータリカバリーは、
「チーム・マイナス6%」に
参加しています。


JDSF Japan Data Storage Forum

国内最大のストレージ関連団体
JDSFに加盟しています。

ページのトップへ

【フリーダイヤルで】法人:0120-994-213、個人:0120-994-211

【インターネットで】お問合せフォームからどうぞ

【営業時間】年中無休 8:00AM〜21:00PM 土日も営業!当日持ち込みもOK! 場所は、東京メトロ 築地駅 徒歩1分です。

当社へのアクセス方法はこちらをご覧下さい。

今すぐ専用ダイヤル、またはお問い合わせフォームで!「携帯からもOKです」ハードディスクが直るか直らないか、金額や期間などをおこたえします!

財団法人 日本記録メディア工業会 会員企業 IDEMA国際ドライブ協会 会員企業 日本ヒューレット・パッカード 正規代理店